免疫力を高める食べ物、グレープフルーツの栄養、効能効果

グレープフルーツの栄養、効能効果-健康に良い免疫力を高める食べ物

グレープフルーツ

  • 薬効:疲労回復 不眠症 二日酔い 美肌など。  

れっきとした柑橘類なのに、名前がグレープ(ぶどう)フルーツというのは、ちょっとへんな気もしますが、これは一説には、甘い香りがブドウに似ているためといわれています。

また、実がなる形が、ちょうどぶどうの房のようになってたれさがるからだともいわれています。

グレープフルーツ

原産は西インド諸島で、文旦(ブンタン)とオレンジの雑種が自然に交配してできたものです。
それが19世紀になってアメリカのフロリダに渡り、しだいに栽培されるようになって広まりました。
いまでは生産される60%以上がアメリカです。寒さに非常に弱い品種なので、残念ながら日本での栽培は向きません。

味は、さっぱりした甘みと、ほどよい酸味がありますが、果汁に少し苦みの感じられるところが特徴で、この苦みの正体はナリンギンという成分です。

グレープフルーツは、そのまま半分に切って、スプーンですくって食べるのが、いちばん簡単で良いでしょう。

そのままでは酸味が強いと感じる場合は、砂糖を少しかけたり、ブランデーをたらすとおいしくいただけます。
また、しぼってジュースにし、ハチミツなどを加えて飲むのもいいでしょう。

旬は春先から初夏にかけてです。
とくに4~5月ころは輸入量も増え、味もいちばんおいしい時期を迎えるので、お勧めです。

購入する際の注意ポイントは、手に持ってみて十分な重みが感じられ、ずっしりと中身が充実していて、皮に張りがあるものを選ぶと良いでしょう。

グレープフルーツの栄養素と効能効果

グレープフルーツを栄養の面から見ると、レモンやオンンジなどの他の柑橘類とほぼ同様の成分を含んでいますが、その中でもっとも大きな特徴は、ビタミンCの含有量の豊富なことです。

グレープフルーツー個には約160ngのビタミンCが含まれているので毎朝、半分ほど食べれば、1日の摂取必要量を十分摂ることができてしまうほどです。

ビタミンCを豊富に含むグレープフルーツは、疲労回復や二日酔いの朝に最適な果物です。
そのまま食べてもジュースにしてもいいでしょう。

ビタミンCが弱った肝臓の働きを助け、解毒作用を促進してくれます。
グレープフルーツは糖度が低いので、毎日食べても太る心配が少なく、ダイエット中のビタミンCの摂取には、レモン同様、ベストな柑橘類といえます。

水溶性のビタミンCを無駄なく摂取するには、生で食べるのが一番です。
消化酵素の豊富なパイナップルや整腸作用のあるリンゴなどと合わせて胃腸に優しいグレープフルーツのサラダにするのも良いでしょう。

ドレッシングの代わりに、プレーンヨーグルトで和え、繊維も豊富なサニーレタスと一緒に食べれば美容にも効果的です。

寝つかれない夜には、温めたグレープフルーツジュースを試してみると良いでしょう。
神経がやすまり、自然な眠りを招くといわれています。

グレープフルーツをきざみ、卵の黄身と混ぜて顔に塗ると、皮膚につやが出てきます。
10分ほどしたらぬるま湯でふきとります。ただし、脂性の肌の人にはいいのですが、シミのできやすい肌の人には不向きですので注意してください。


 

グレープフルーツの関連ページ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional