杏(あんず)

  • 薬効:疲労回復 冷え症 虚弱体質 便秘 下痢 美肌  

あんず(アプリコット)は、中国が原産で、ヨーロッパには1世紀ごろ伝わったとされています。

アメリカで栽培されるようになったのは18世紀からで、現在はカリフォルニアが、世界的な産地になっています。

アンズ

春に花が咲き、6~7月にだいだい色の実が熟します。

そのまま生食するほか、干しあんずにしたり、ジャムやシロップ漬けに加工したりします。

種子を陰干ししたものを、漢方では杏仁(キョウニン)といって、喘息やせきどめの薬として利用されます。

杏仁湯といって中華料理のデザートに出る甘ずっぱい飲み物は、文字どおり杏仁が材料となっています。
消化を助ける効果があるので、油っこい中華料理を食べたあとには最適なデザートなのです。

旬は6~7月です。オレンジ色によく熟れたもので、張りがよく、ややかためのものを選ぶと良いでしょう。

あんずの栄養素と効能効果

あんずの実は、適度な甘みと酸味を持っています。
酸味の主成分はリンゴ酸クエン酸などの有機酸で、甘みの成分はブドウ糖、果糖などから成っています。

ビタミン類ではビタミンAが多く、リン、鉄分などのミネラル類も豊富に含まれています。
とくに干しあんずにはミネラルが多く含まれています。

あんずは冷え症によく効くといわれます。
これは果肉に、体を温める作用があるからで、干しあんずを毎日数個食べつづけるだけで、がんこな冷え症も改善されてきます。

冷え症で虚弱体質の人なら、あんず酒がさらに効果を高めるでしょう。
毎晩、杯に1杯飲めば体が温まり、滋養強壮にも効果を発揮します。
とくに食前酒として食事前に飲めば、食欲の増進にも力を発揮します。

便秘のときに、あんずの実を食べると、便通が解消されることがあります。
生のままで食べてもいいし、干したものでも効果は変わりません。
これは実に緩下作用があるからです。漢方では杏仁を下剤として用いることもあります。

逆に下痢をしているときには、生のあんずをそのままでなく、油で揚げて食べると、下痢が治るといわれています。

干しあんずは、てっとり早い疲労回復剤として利用してほしいものです。
干したものは生にくらべて果糖がひじょうに多く、高カロリーなので、食べるとすぐに吸収されてエネルギーに変わります。

激しい運動をして疲れたときなどに、2~3個食べるだけで疲労が回復し、元気になります。 

また外用として、あんずジュースを入浴剤に利用すれば、肌をなめらかにする効果が得られます。

あんず酒の作り方

  1. よく熟したあんず600gを洗い、水を切る。
  2. あんずと氷砂糖150gをビンに入れ、ホワイトリカー1.8リットルを注ぐ。
  3. 6ヶ月から1年寝かせてから、あんずを取り出す。

 

あんずの関連ページ/通販情報

アンズ人気通販