健康に良いハーブ  ウコン

  • 別名:ターメリック 宇金 郁金 姜黄 玉金
  • 薬効:健胃作用 胆石症 黄疸 鎮痛作用 婦人病の諸症状 利尿作用

ウコンはショウガ科の熱帯アジア原産の多年生草木です。
インドをはじめ、台湾に自生し、日本では鹿児島県下、沖縄で栽培されています。草丈は50cm前後に達します。

ウコン

ウコンの根茎を乾燥し、繊維を取り除き利用します。
根茎は長さ4cm、径3cmほどでショウガによく似ています。
ウコンは、ウコン、ハルウコン、ガジュツの塊が根です。姜黄はウコンおよびハルウコンの根茎を茎原としています。

成分としては,黄色色素(油脂に溶けるクルクミン),香辛成分として1~5%の精油(ターメロール、フェラドレン)、タンパク質10.8%、脂肪2.5%、でんぷん50%、繊維4.8%、灰分4.4%を含有しています。

黄色色素クルクミンが胆汁の分泌を促進する作用があります。

漢方では理気、活血、止血、黄疸の効能があります。

胸脇部や腹部の落痛、乳房の痛み、月経痛、鼻血、吐血、煩躁、黄疸、肝炎に用います。
「血中の気薬」といわれ、気滞と同時に淤血を改善し疼痛を緩和します。

ウコンは500年位前に日本(沖縄)に渡来しました。
英語ではターメリックといいます。特有の香があり、辛味を有します。
カレー粉の原料にはかかせないもので、古代から中近東諸国では黄色の着色料として用いられ,日本ては平安時代から木綿の染料として利用されてきました。

食品の着色料としても利用され,たくあんの色付けにも使用されています。ヨーロッパでは,肉類の防腐剤,防虫剤として用いられています。

ウコンの注目栄養成分

  • クルクミン、ターメロール、フェラドレン


ウコンの効果効能

  1. 二日酔予防、解消。
  2. 健胃作用。
  3. 利尿、利胆作用に伴い、肝臓の解毒機能を高める。
  4. 黄疸の症状の改善。
  5. 粉末を水でこね,痔,創傷,腫腫等に塗布しても効果がある。

ウコンの活用法

粉末は1日6~10gを摂取します。
煎じる場合、1日量6~10gを水400~600ccに入れ30分位かけて1/3量に煎じ、3回に分けて摂取します。



ウコンの関連ページ


Supported by 楽天ウェブサービス
楽天ツール・ラクポン