豚モモ肉

  • 薬効:滋養強壮 疲労回復 高血圧予防 血栓予防

豚モモ肉とは、豚の尻から後ろ足にかけての肉のことです。
この部分はまさに赤身のかたまりで、高タンパク・低脂肪で糖質・脂質の代謝を助ける高ビタミンのヘルシーミートです。

要注目は、ビタミンBの1種であるナイアシンが多い点です。
粘膜や皮膚、消化器系を守るほか、末梢血管を広げて血行を良くする働きがあり、高血圧の予防にも効果があると考えられています。

近年の豚肉市場では、品種改良によりビタミンB1を強化した種類も登場しています。
代謝を促し、体を内側から元気にしてくれるビタミンB1を効率良く取れるのが、蒸し料理です。

たとえば30~40分蒸すだけで、脂質はさらに大きく減少します。
一方で、豊富なビタミンB1ナイアシンは多く残しておけますのでいうことはありません。
時には、油を使用しない調理法も良いでしょう。

豚モモ肉の注目成分

タンパク質ビタミンB1ナイアシン



豚モモ肉の食べ方

おすすめメニューは「豚モモ肉のゴマペースト蒸し」です。
脂肪を落とし、ビタミンの豊富なモモ肉に不飽和脂肪酸コレステロールを下げる)や抗酸化のビタミンEたっぷりのゴマを補給することができます。

作り方はゴマを油が出るほどすって、酒・醤油・みりんを加えてペースト状にします。
薄切りにしたモモ肉をこのペーストに15分ほどつけ込み、そのまま蒸せばでき上がり。

薬味として、硫化アリル(豚肉のビタミンB1の吸収を助ける)の豊富なネギを添えればさらに良いでしょう。

豚肉には条虫などの寄生虫がいることがあり、生で食べることは厳禁です。
安心のためには、中心まで火を良く通して食べるようにしましょう。


豚モモ肉の健康美容効果倍増の食べ合わせ

豚モモ肉+ニンニク

豚モモ肉に含まれるビタミンB1は筋肉中に溜まった疲労物質の乳酸を分解して疲労回復の働きが期待できます。
それにニンニクと一緒に食べるとニンニクに含まれるアリシンビタミンB1の吸収を助けてくれます。

おすすめコンテンツ

豚モモ肉の関連ページ