硫化アリル

硫化アリルとは、ニンニクの独特な刺激臭や辛味成分で、玉ねぎを切るときに涙が出てくる原因となっている成分です。

硫化アリルの一種であるアリシンは、ビタミンB1と結合して、ビタミンB1の吸収を高めます。
豚肉やウナギなどビタミンB1を多く含む食品と一緒にとると疲労回復などの効果が期待できます。

さらに、抗菌効果や血液サラサラ効果、血中脂質を減らす効果も期待できます。

硫化アリルが含まれる食品

ねぎ玉ねぎにらにんにくなど。

硫化アリルの効果

  • 抗酸化作用、がん予防(胃がん・大腸がん)、抗菌効果、血液サラサラ効果、ビタミンB1の吸収促進、高血圧予防など。

おすすめコンテンツ

硫化アリルの関連ページ