白色の野菜果物栄養効果効能

野菜や果物が白色な理由

それは、太陽の光を遮ることで生まれました。
土の中や雪の中に埋まっている部分は、光を浴びないため光合成が行われません。

例えば、長ネギや大根は、昔から成長と共にその株元に寄せ土をする「軟白栽培」が行われてきました。

土の上に出ている部分は、青々として緑の野菜と同様に栄養があり、土の中に埋まっている白くやわらかい部分は、独特の辛味や風味を多く持っています。
一つで二倍楽しめる嬉しい野菜です。

長ネギ

白色野菜に含まれる、ツーンとする刺激臭や辛味は、食欲をかきたて、料理の美味しさを際立たせる大切なスパイスです。


白色野菜果物の栄養成分

イソチオシアネート

イソチオシアネートはアブラナ科などの野菜に含まれる辛味成分のことです。

イソチオシアネートの効果効能

ピロリ菌対策、血液サラサラ効果、コレステロール調整など。

イソチオシアネートが含まれる野菜果物

  • キャベツ、大根、ワサビなど。

硫化アリル

ニンニクや玉ネギに含まれる辛味成分です。

硫化アリルの効果効能

胃がん予防、大腸がん予防、ビタミンB1の吸収促進、抗菌効果など。

硫化アリルが含まれる野菜果物

  • 玉ねぎ、にんにくなど。

おすすめコンテンツ

白色の野菜果物の関連ページ/通販