日本茶・緑茶の種類

日本で生産されているお茶のほとんどは、緑茶です。

一口に緑茶と言っても、葉の部分で作るのか、茎で作るのか、炒るのか蒸すのかなど、栽培方法や摘採時期、製造工程などによって、様々な風味のお茶が出来上がります。

日本茶・緑茶


日本茶・緑茶の種類特徴一覧

煎茶

煎茶

消費量の約8割を占める日本茶の定番です。
新芽を蒸した後、揉みながら乾燥して作られます。

カフェインとタンニンが多く含まれています。

番茶

たっぷり飲んでも飲み飽きない味。

ほうじ茶

香ばしい風味で飲みやすく体に優しいお茶。

玄米茶

玄米の香りはリラクゼーション効果あり。

玉露

緑茶の最高級品です。
特別な栽培方法で作られるうま味の多い緑茶です。

茶葉は細く締まり、煎茶より際立ってあざやかな緑色でツヤがあります。
煎じた色は淡黄色で独特の香りがあります。

タンニンや渋味の元であるカテキンが少なく、うま味成分のアミノ酸が豊富なので、飲むと甘味と旨味を感じます。

ある程度寝かせた方が味がよくなるので新茶として出回るのは10月頃です。

抹茶

抹茶

玉露と同じ栽培方法で育てた新芽を蒸して、揉まずに乾燥させたものを石臼で挽き粉にしたものです。
たっぷりうま味を含んだ贅沢なお茶です。

抹茶はお茶の葉の粉末をそのまま食べる形になるので、ビタミンや食物繊維を多く取ることができます。

茎茶

茎ならではの軽く爽やかな香りが特徴。

芽茶

苦味と渋味が好きな方におすすめ。

粉茶

口の中をさっぱりさせる濃厚でキリリとした味。

パウダー茶

溶かして飲んだり料理に使ったり、手軽に利用できる。

日本茶・緑茶の選び方

煎茶

葉は細く長く、深緑色でツヤのあるものがよい。

玉露

葉は細く長く、深緑色でツヤのあるものがよい。

日本茶の種類関連ページ