おいしい日本茶の入れ方

お茶を入れる手順はとても簡単です。
茶葉にお湯を注いで、少し待つだけです。

でも、水、茶葉の量、お湯の温度や量、抽出時間など、ひとつひとつを丁寧に見直してみると、もっとおいしく入れられます。

日本茶の入れ方

軟水を沸騰させたお湯で入れましょう

日本茶のおいしさを引き出すためには、ミネラルが少なく、空気をたっぷり含んだ軟水が向いています。
難しく考えずに、くみたての水道水を使えば問題ありません。

ただし、水道水にはカルキ臭が残っているので、お湯を沸騰させて後に蓋を取り、2~3分煮立たせてカルキ臭をとばします。

煎茶や玉露など、低めの温度で入れるときも、いったん沸騰させてから冷まして使いましょう。


茶碗を温めておきましょう

茶碗は、お茶を入れたときに冷めないように、あらかじめお湯を注いで温めておきます。
お湯はお茶を注ぐ直前に捨てましょう。

茶葉の量、湯の温度、抽出時間を意識して入れましょう

うま味を引き出したい上級煎茶や玉露は低温でじっくりと。
香ばしさを引き立たせたい番茶やほうじ茶は熱湯でささっと。

日本茶は、種類によって適した入れ方があります。
下の表を参考に、茶葉の量、お湯の量や温度、抽出時間を変えましょう。
自分の持っている急須の容量が分からないときは、一度計量カップではかり、容量を覚えておくと良いでしょう。

日本茶の入れ方

茶葉の量、湯の量・温度と抽出時間の目安

茶葉の種類茶碗の数茶葉の量湯の量湯の温度1杯あたりの抽出時間
玉露(上級)3杯10g60ml50℃約2分30秒
煎茶(上級)3杯6g170ml70℃約1~2分
煎茶(並)3杯10g430ml80~90℃約1分
深蒸し煎茶3杯6g170ml70~90℃約30秒
茎茶・芽茶3杯6g390ml90℃約40秒
ほうじ茶・番茶5杯10g650ml熱湯約30秒

最後の一滴まで注ぎきりましょう

複数の茶碗にお茶を注ぐときは、濃淡が出ないように均等にまわし注ぎます。
急須内にお湯が残っていると余計な苦味や雑味が出てしまうので、最後の一滴まで注ぎましょう。

おすすめコンテンツ

日本茶の関連ページ/通販情報