健康に良い免疫力を高める食べ物  ココア

  • 薬効:生活習慣病予防 動脈硬化 胃潰瘍予防 

ココアの学名は、テオブロマカカオといいます。
テオブロマとはギリシャ語で「神々の食べ物」という意味です。
ココアは紀元前から中南米の王国で王様の健康秘薬として飲まれて来ました。

ココアの栄養効能効果

ココアに含まれるポリフェノールという成分は「抗酸化物質」で、活性酸素が体内に生じるのを抑える働きがあります。

代表的な「抗酸化物質」としてビタミンEが挙げられますが、ココアに含まれるポリフェノールにはビタミンEと同等のすぐれた効果があります。

テオブロミンはココアにしか含まれていない成分です。
この成分は、中枢神経を刺激し、末梢神経の活力を高め、ストレスを防ぐ作用があります。
ココアを含み、気持ちを落ちつけることで、ストレスからくる胃潰瘍を予防することができます。

又、テオブロミンは毛細血管を広げる作用がありますので、血流をよくし血圧を安定させ、結果として生活習慣病の予防になります。

ココアには食物繊維のリグニンを含んでいます。
これは腸内に長くとどまり、腸内の老廃物の排泄を助け、腸内環境を良くします。

その結果、心臓病や高血圧の予防にも効果を現します。
動脈硬化を防ぐ善玉コレステロールを高める作用がありますので、脳血栓の予防にもなります。


ココアの注目栄養成分

ココアの主な栄養成分(可食部100gあたり)

ホットココア

ココアの効果効能

  1. 精神を安定させる効果があり、ひいては胃潰瘍を予防します。
  2. 生活習慣病の予防に効果があります。
  3. 動脈硬化を防ぎます。
  4. コレステロールを代謝します。
  5. 心臓病や高血圧を予防します。

ココアの利用方法

充分に煮立てると薬効が引き出されます。
朝食時に飲むと、ココアの成分が体の末端の神経を目覚めさせ、一日の活力を与えてくれます。

  • ココアセーキの作り方
    ココア大さじ1杯、卵黄1コ、牛乳150cc、ハチミツ大さじ1杯を混ぜ合わせる。

ココアの栄養素を効果的に引き出す調理法

温めて胃腸の負担を軽減!加熱のしすぎはNG

体調を整えるビタミンB1や、高血圧予防に働くカリウムは水溶性なので、ドリンクにするのが最適です。

温めて胃腸の負担軽減と機能向上をはかりますが、ビタミンB1は熱に弱いので軽く温める程度にしましょう。

ココアの健康美容効果倍増の食べ合わせ

ココア+きな粉

ココアときな粉に含まれる食物繊維は、腸内環境を整える作用があります。
これにより、便秘解消をサポートし、美肌、美髪などの美容効果も期待できます。

健康美容レシピ:黒ごま・きなこ・ココアドリンク


ココアの選び方

砂糖が混ざっているものではなく、ピュアココアと表示されているものがお勧めです。

ココアの注意する点

体内で石のできやすい人は、あまり多飲しない方が良いでしょう。
摂取する量は1日4杯までが限度、又砂糖の量にも注意しましょう。

おすすめコンテンツ

ココアの関連ページ