クロロゲン酸とは

クロロゲン酸とは、ごぼうやコーヒーに含まれているポリフェノールの一種です。

コーヒーの苦味や香り、またごぼうなどの野菜の切り口を褐変させる成分です。
クロロゲン酸は、その野菜を切ることで、細胞が壊され酸素に触れることで褐色に変わります。

コーヒー

現在、クロロゲン酸は、抗酸化作用による活性酸素の除去に加え、体内で発がん性物質の生成を抑える効果について、研究が進められています。

クロロゲン酸は、糖の吸収を抑えて血糖値の安定化を促すなど、ダイエット効果も期待されています。

クロロゲン酸が含まれている食品・野菜・果物

  • コーヒー、ごぼう、ヤーコン、じゃがいも、バナナ、ナス、梨など。

クロロゲン酸の薬効効果効能

  • 抗酸化作用、がん予防、血圧調整、血糖調整、ダイエット効果

クロロゲン酸の賢い摂り方

クロロゲン酸は水溶性なので、アク抜きはしないか、短時間にする。
また、熱に弱い。


おすすめコンテンツ

クロロゲン酸の関連ページ