サプリメント・健康食品  カミツレ

  • 別名:カモミール、カモマイル
  • 薬効:胃腸病 美容 婦人病の諸症状

カミツレ(カモミール)は、ヨーロッパ原産でキク科の白い花を咲かせる野菊です。
英名ではジャーマンカモミールといい、市場でカモミールと略されています。

主に花が利用され、植物を使った治療法で最もよく使われるハーブの一つです。

鎮静、鎮痛、抗炎症、鎮痙、収れん、抗アレルギー、抗かび、解熱、精神安定などのさまざまな作用があり、多くの効能を持つカミツレは、古代バビロニアでは、すでに薬として利用されていました。

カミツレ

ヨーロッパでは健康補助食品、化粧品、医薬品などに幅広く使用されています。
気持ちを安定させる働きもあり、安眠にも効果的です。

花には精油0.5~1%を含み、カプリン酸、ノニル酸をはじめ数多くの生理活性物質を含んでいます。
ハーブティーとして飲むと、静穏作用と睡眠誘導作用があり、就寝前に飲めばよく眠れます。

常飲すれば消化を促進し、血圧を正常に保ちます。
美肌や生理不順、ヒステリーなど女性特有の諸症状にも有効であることから“マザーハーブ”ともいわれています。

発汗作用があるので風邪や風邪の初期症状である咽頭や鼻の痛みにも効果を発揮します。
喉風邪の時は、ハーブティーで体を温めましょう。
カミツレのもつアズレンという成分に炎症を抑える作用があるため、喉の炎症を回復させる効果があります。

ヨーロッパにも日本の民間療法と同じようなアロマ療法(香りを利用した治療法)とフィト療法(植物を使った治療法)があります。

果実やハーブを使ったお酒やお茶にして健康を維持する伝統的治療法です。
カミツレは古代エジプト以前から既に薬用ハーブとして利用されていました。



カミツレの効果効能

  • 精神的不安をとる静穏、鎮静作用があり、作用が緩慢なので子供の不眠症や緊張不安の解消にも使用できます。
  • 消化不良、軽度の胃潰瘍、大腸炎、下痢などの改善に有効です。
  • 発汗作用と解熱・消炎作用で熱を下げ、睡眠誘導作用があるので安眠できるようになります。
  • 腸の働きをよくする駆風作用、強壮や体を温めることから、発汗作用や、胆のうや胃液の分泌をよくして食欲を増進させます。
  • 女性の月経痛を緩和します。
  • 肌を美しくします。
  • ぜんそくを鎮めます。

カミツレの精油

カミツレは、リンゴのような香りで人気のハーブの一つです。
ジャーマンカモミールとして、ハーブティーや精油で流通しています。

精油は花からわずか0.3~1%しか抽出できないため高価なハーブです。
精油には、リラックス効果のほか、抗炎、駆風、発汗などの働きがあります。

似たような効能があるハーブにローマカミツレが挙げられますが、効能の強さはジャーマンカモミールの方が、やや勝ります。

カミツレの利用法

乾燥カミツレ茶さじ1杯にカップ1杯の水で煎じて温かいうちに飲みます。生の花も同様にして飲みます。1日3回飲用します。

乾燥した花を木綿の袋に入れたものを、沸した湯に入れて入浴すると、神経や筋肉の疲労をとり、肌がつやつやしますので、心身をリラックスさせるのに良い入浴剤です。



カミツレの健康効果倍増の食べ合わせ

牛乳+ミルクティー(カミツレのミルクティー)

花を5~10個(小さじ2枚)、牛乳200~300mlと一緒に弱火で温めます。
牛乳には、イライラした気持ちを安心させ、疲労回復を回復する効果があります。

疲れがひどく不安感などで眠れない夜に、カミツレとの相乗効果で安眠を期待することができます。
紅茶やハチミツを足せば飲みやすくなります。

おすすめコンテンツ

カミツレの栄養、効能効果の関連ページ