イソチオシアネート

イソチオシアネートは、アブラナ科の野菜である大根やスプラウト類を食べたときにピリッと感じる辛み成分のことです。
切る、擦る、潰す、噛み砕くなど、野菜の細胞が壊れたときに作られます。

熱を加えるとせっかく細胞を壊しても酵素の活性を損なうので、生のまま食べるのがお勧めです。


イソチオシアネートが含まれる食品

キャベツ大根わさびブロッコリースプラウトブロッコリーなどアブラナ科の野菜


イソチオシアネートの効果

  • 抗酸化作用、がん予防、ピロリ菌対策、血液サラサラ効果、コレステロール調整

イソチオシアネートは、消化液の分泌を促す効果があるため、ピロリ菌や大腸菌などに対して、殺菌効果があるとされています。


おすすめコンテンツ

イソチオシアネートの関連ページ