健康に良い食べ物  アサイー

  • 薬効:美容、アンチエイジング

強い生命力と抗酸化力を持つスーパーフルーツ

アメリカでもスーパーフードの代表の一つとされるアサイー。

近年、ヘルシーな朝ごはん、デザートとして人気なのが「アサイーボール」です。
ハワイで人気の食べ物ということで日本に紹介されたため、ハワイの食べ物、と思っている人が多いかもしれませんが、アサイーは元々はブラジルの食べ物です。

アサイーは、赤道直下のアマゾン流域で育つヤシ科の植物で、水辺に育ち20~30mになります。
ほうきのように広がって垂れ下がった房に、たくさんの黒紫色の実をつけます。

アサイーの実は1㎝程の種に薄く果肉がついていて、1粒あたりの可食部はわずか5%です。

アサイーの木と実

アサイーの実

過酷な気象条件、強力な紫外線の下で育つため、アサイーは生命力が非常に強く、強い抗酸化物質を豊富に含んでいます。

アマゾン流域に暮らす人々は、栄養価の高いアサイーを日常的に食べて厳しい環境を生き抜いてきました。



アサイーの注目栄養成分

アサイーの主な栄養成分(可食部100gあたり)

アサイボール

アサイーの栄養効能効果

アサイーで注目される栄養成分は、まず、色からもわかるように、抗酸化作用のあるアントシアニンなどのポリフェノールです。
アサイーのポリフェノールはブルーベリーの約18倍もあります。

また、アサイーは、含まれるアミノ酸のバランスが良いのも特徴です。
ビタミンB1B2B6B12とビタミン群を含んでいるので疲労回復効果も期待できます。

カリウムカルシウムマグネシウム亜鉛といったミネラルも豊富です。
オメガ3、6、9の脂肪酸も含まれています。

食物繊維はごぼうの約3倍もあるので、整腸作用も期待できます。

アサイーはアントシアニンなどの抗酸化物質やが豊富なので、成長期の子供、運動選手、閉経前の女性などに、抗酸化と鉄補給が一緒にできるのでおススメです。



アサイーの美味しい食べ方

  • 冷凍ピューレはアサイーボウルやスムージーなど。
    フリーズドライは飲み物や料理にふりかける。

アサイーの実は劣化が早いので、収穫してすぐに食べなければならず、かつてはアマゾン流域だけで食されてきました。

それが、保存技術や流通技術の進歩により、冷凍ピューレやフリーズドライといった形で世界中で食べられるようになりました。

アサイーはくせがなく、甘みや酸味もほとんどないので、様々なフルーツと組み合わせて美味しく食べられます。

アマゾンではピューレ状にしてキャッサバというものから作るフレークを混ぜて食事として食べるのがポピュラーだそうです。

アサイーの栄養素を効果的に引き出す調理法

加熱はNG、生がベスト

殺菌作用による肌荒れ防止、抗酸化作用による細胞の老化防止効果があるポリフェノールは、熱で損失するため、生で食べるのがベストです。

ビタミンCEを含む果物と合わせるとさらに良いでしょう。

イチゴ・バナナ・アサイー

アサイーの健康美容効果倍増の食べ合わせ

アサイー+豆乳

アサイーのビタミンEは血行を促進し、豆乳のイソフラボンは女性ホルモンへの働きを促します。

これらが合わさることで肌の調子を整え、美肌効果が期待できます。

健康美容レシピ:アサイーの豆乳スムージー

おすすめコンテンツ


アサイーの関連ページ