しらす・縮緬雑魚の栄養効能効果

関東ではしらす干し、関西では縮緬雑魚(ちりめんじゃこ)と呼ばれていますが、カルシウムビタミンDが豊富な食材です。

カルシウム豊富なしらすは、イワシ類、イカナゴのなどの稚魚で、無色透明なものの総称です。
生後2~3ヶ月のカタクチイワシ、マイワシの稚魚が原料となるしらす干しは、製法や地域で名前が異なり、関東ではしらす干し、関西では縮緬雑魚と呼ばれています。

生しらす

しらすの栄養成分



しらすの注目成分

しらす干しの種類

関東では濃い味が好まれるので塩分の多く残っているしらす干しが、反対に関西ではうす味が好まれるため、ちりめんじゃこが好まれています。

生しらす

生のしらすは傷みが早いので、漁の船の上などでしか食せない。

釜揚げしらす

海から揚がったしらすを約2%の塩水で3分ほど茹でたもの。

しらす干し

釜揚げされたしらすを天日や機械で軽く乾かしたもの。

ちりめんじゃこ

しらすをよく乾燥させたもの。
天日ではしらす干しが約2時間、ちりめんじゃこは4時間乾燥させる。

かちり干し

ちりめんじゃこを更に乾燥させたもの。



しらすレシピ

しらすにんじん

しらす・しろうお・しらうおの違い

しらす

しらす
イワシ類の稚魚。
生後1~3ヶ月。

しろうお(素魚)

しろうお
ハゼ科の魚。
体長5~6㎝。
淡水で獲られる。

しらうお(白魚)

しらうお
このままで成魚。
体長約9㎝。

しらすの成長と呼び方

イワシ類の稚魚しらすは、その大きさによって呼び方、食され方が異なります。

しらす

生後1~3ヶ月。
35㎜までのもの。

かえりしらす

体長4㎝程度。
少し色が付いてくる。

いりこ、ごまめ

体長4㎝以上で沖合に生息する。

煮干し

体長5㎝以上。

丸干し、めざし

体長10㎝以上。

かえりしらす
いりこ
煮干し

めざし
丸干し

おすすめコンテンツ

しらすの関連ページ