鶏肉・ささみ

  • 薬効:滋養強壮 疲労回復 肝機能強化 眼精疲労緩和 美肌効果 消化促進 

鶏ささみは、胸肉の裏側についた肉で、笹の葉の形に似ていることからこう呼ばれています。

ささみ

その特徴は脂肪をほとんど含まないことで、量的にはエビやカニと同程度です。
一方でタンパク質は非常に多く、肉類のなかでも断然トップの高栄養・低カロリー食品といえます。

鶏肉のタンパク質アミノ酸バランスに優れて消化吸収も良く、お年寄りや子供、ダイエット中の方にもおすすめです。

栄養面ではビタミンAやB群など各種ビタミンが豊富に含まれています。
胸肉と同様、疲労回復や粘膜・消化器系を守る働きのあるナイアシン(ビタミンBの一種)が多いのも特徴です。

低脂肪でビタミンに富むささみを上手に食べるなら、蒸したりゆでたり、油を使わない調理法が良いでしょう。

鶏のタンパク質については、必須アミノ酸の一種・メチオニンが肝機能強化に力を発揮します。

鶏ささみの注目成分

タンパク質ビタミンAビタミンB2ナイアシン



鶏ささみの食べ方

おすすめは「ささみのヘルシーサラダ」です。
サラダにささみを使うと、動物性脂肪を取ることなく、コレステロールを抑える植物油(ドレッシング)の長所だけを利用できます。

ささみを酒蒸しにして手でさき、サラダ菜を皿にしいたところへ、ゆでたサヤインゲンと混ぜて盛りつけます。
その上に、から炒りしたアーモンドを刻んでちらし、ドレッシングをかけましょう。
オリーブ油をベースにレモン汁、からし、塩、コショウで作り、酸化しないように食べる直前にかけていただきます。

極端に低脂肪で高栄養のささみは、衰えた膵臓の組織回復にも効果的です。
新鮮なものなら刺身で食べるという手もあります。



鶏ささみの関連ページ

国産鶏ささみ(2kg)

国産鶏ささみ(2kg)
価格:1,365円(税込、送料別)