健康に良い食べ物  高野豆腐

  • 薬効:美容、貧血対策、こむら返り予防、アンチエイジング

大豆タンパク質には脂肪を燃焼させる効果も

こうや豆腐は、日本の伝統的な食材です。

豆腐をいったん凍らせたあと、解凍、脱水し、乾燥させたものです。

高野豆腐のルーツの一つは、鎌倉時代に高野山の僧侶によって作られていた精進料理、もう一つのルーツは信州や東北などで作られていた凍み豆腐と言われています。

高野豆腐

高野豆腐は大豆製品の中でも、特に体に良い食べ物です。
低糖質で良質なタンパク質が多く含まれる優秀な食材で、日本製スーパーフードと言っていいでしょう。

他の大豆製品と比べると、100g中タンパク質の量は、納豆が16.5g、木綿豆腐が6.6gですが、高野豆腐は49.4gとずば抜けて多く含まれています。
しかも脂肪を燃焼させやすいアミノ酸が多いのも特徴です。

コレステロール中性脂肪を低下させるレシチン大豆サポニン、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンも注目の栄養素です。
更年期の女性にもおススメです。



また、ミネラルも豊富です。
カルシウムは100g中に660mg、マグネシウムは120mg、そのほか、カリウムリン亜鉛なども含まれています。

は、タンパク質が充足してはじめて体内で利用されるので、高野豆腐は運動選手や有経女性にもおススメです。

そして、炭水化物は100g中5.7gと、糖質が少ないのも特徴です。

乾物なので長期保存もでき、最近は水にもどさずに調理できる便利なものが多いので常備しておきたい健康食材です。



高野豆腐の注目栄養成分

黒ごまの美味しい食べ方

和風の煮物はもちろん、洋風煮物やスープに入れるなど。

おすすめコンテンツ