豚肉・ロース

  • 薬効:滋養強壮 疲労回復 

豚ロースは豚の背中の肉のことです。
切り身の周囲にバラ肉に次いで多い脂身がつき、豚特有のうまみとコクを出してくれます。

豚ロース

とはいえ、動物性脂肪はコレステロールとしてたまりやすく、大きな脂身は食べないほうが血管や心臓には安心です。

豚の脂質は牛と比べると不飽和脂肪酸コレステロールを抑える)が多いものの、できるだけソテーなどは脂身を切り落とし、ラードの使用もできれば控えるようにしたいものです。

当然ながら、ロース肉はカツにすると脂肪分がさらにアップします。
トンカツにするなら、脂肪の少ないヒレ肉などの部位を選び、ロースは脂肪を焼いて落とすソテーなどにすると良いでしょう。

ソテーにする場合も、フッ素加工のフライパンを使い、はじめに強火で肉自体の脂を溶かし、それによって焼くようにすれば余分な油を使わずに済みます。

あらかじめゆでることで脂質を減らす方法も、生活習慣病予防の面では有効です。

豚ロース肉の注目成分

タンパク質脂質



豚ロース肉の食べ方

ただでさえ脂身の多い豚ロース肉、上手に脂肪を落として食べる「ポークソテーのフルーツソース」は、おすすめです。

豚ロースは脂身を十分に切り取り、植物油で炒めプラムのソースをかけます。
肉は筋切りをして塩・コショウ・ニンニク汁で味をつけ、小麦粉少量をまぶして植物油でソテーします。

ソースのほうは、プレーンをひと晩ワインにつけて、翌日15分ほどワインで煮ます。

ソテーで極力脂質を落とし、フルーツソースの酸味が脂肪やタンパク質の消化を促進してくれます。

ロースに限らず、脂っこい食べ物はできたてを食べるようにしましょう。
ソテーなどに使う植物油は、不飽和脂肪酸が多く、コレステロールを抑える反面、時間がたつと酸化して、逆にコレステロールの原因となる危険があるからです。



豚ロース肉の関連ページ