豚肉・ヒレ

  • 薬効:滋養強壮 疲労回復 貧血予防

豚ヒレは豚の背骨の内側についた30cmほどの細長い肉です。
脂肪はロースの半分以下、バラ肉のじつに7分の1と少なく、豚肉の特徴であるビタミンB1や鉄分、リンなどのミネラルが豊富なヘルシーミートです。

豚肉のタンパク質はもともとアミノ酸バランスに優れた良質なものです。
肉はやわらかく、消化率も85%と高いので、低カロリーで高栄養を摂りたい方におすすめです。

とりわけヒレやモモなど赤身の部分に多いビタミンB1は、同じ豚肉でもバラ肉の2倍近く、牛乳の約10倍という豊富さが魅力です。

ビタミンB1はご飯やパンなどの糖質の代謝を助け、効率良くエネルギーに変えてくれますので、米を主食にする日本人には欠かすことができません。

ヒレ肉には、吸収の良い動物性のヘム鉄やリンなどのミネラルも豊富に含まれています。
貧血予防や骨粗鬆症予防にもおすすめな食材です。

豚ヒレ肉の注目成分

タンパク質(ヘム鉄)、ビタミンB1リン



豚ヒレ肉の食べ方

脂質の少ないヒレ肉を使い、生活習慣病予防にも良い「豚ヒレ肉のアーモンド焼き」がおすすめです。
低脂肪のヒレ肉に良質の植物性脂肪を加え、脂質の酸化を抑えるビタミンE豊富なアーモンドを取り合わせた一品です。

肉は縦方向に切れ目を入れ、くだいたアーモンドを詰めます。
糸で肉をしばって閉じ、塩・コショウ・小麦粉をまぶしたら植物油を熱したフライパンで炒め、焼き色がついたところでワインを注いで蒸し焼きにします。

食べるときは小口切りにし、パセリやレモン汁をかけていただくと良いでしょう。

豚肉を買う際は、赤身の部分は淡いピンクでツヤがあり、脂身は白色でかたく、その境目がはっきりしているものを選びましょう。



豚ヒレ肉の関連ページ

青森県産 ヒレカツ用豚ヒレ1本約450〜500g

青森県産 ヒレカツ用豚ヒレ1本約450〜500g
価格:1,480円(税込、送料別)