牛肉・モモ

  • 薬効:滋養強壮 疲労回復 貧血予防

モモ肉は、その名のとおり牛の後ろ足のモモの肉です。
脂肪は少なく、周囲の脂身を切り取ればヒレ肉やレバーより低カロリーになる典型的な赤身肉です。

国産牛モモステーキ

当然、タンパク質の量が多いうえ、ビタミンB群や鉄分・亜鉛なども豊富に含まれています。
鉄分は野菜などに含まれるものより数倍吸収の良いヘム鉄なのもうれしい点です。
生活習慣病が気になる中高年や、貧血気味の女性にもおすすめできる食材です。

牛肉でも赤身のモモ肉は脂肪が少なく、植物油を使ったビーフカツレツなどで美味しく食べることができます。

反面脂肪が少ない分、少しコクに欠けパサパサした感じもありますので、下ごしらいの際はワインや酢につけると良いでしょう。
風味が良くなるだけでなく、肉がやわらかくなり、消化吸収が高まります。
しめサバなどと同様、肉自体の酸化も最小限に抑えてくれます。

牛モモ肉の注目成分

タンパク質ビタミンB1(ヘム鉄)、亜鉛



牛モモ肉の食べ方

ヘルシーミートであるモモ肉を使ったおすすめメニューは「牛モモ肉のやわらかカツ」です。
調理の際のポイントは、肉を酢につけてから揚げる点です。
こうすることで、出来上がりは驚くほどやわらかく、脂肪やタンパク質の消化吸収も良くなります。

モモ肉をひと口大に切り、酢またはレモン、ワイン、粉ガラシを混ぜたつけ汁に1時間ほど浸します。
肉の表面は魚の酢じめと同じく、白く変色して消化しやすくなります。
これに小麦粉、卵、パン粉をつけて揚げればでき上がりです。



牛モモ肉の関連ページ


Supported by 楽天ウェブサービス
楽天ツール・ラクポン