健康医療用語集(さ行)

  • 紫外線
    人の目には見ることも感じることもできない光線で、太陽から地球に届く光線の中では最もエネルギーが高いものです。殺菌消毒や体内でビタミンD合成、血行や新陳代謝などを促進するメリットがある反面、遺伝子DNAを傷つけたり、皮膚や目に悪影響を及ぼしたり、シミやソバカスの原因にもなります。
  • 生活習慣病
    食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症進展に関与する疾患群です。脂質異常症、糖尿病、高血圧症のほか、悪性腫瘍、脳血管障害などがあります。
  • 成人病
    戦後の日本に生まれた独自の用語で、昭和30年代に当時の厚生省が「40歳前後から死亡率が高くなり、中年から老年期にかけて多発する重大な疾患」として提唱されました。


健康医療用語集(あ行)

健康医療用語集(か行)

健康医療用語集(た行)

健康医療用語集(な行)

健康医療用語集(は行)

健康医療用語集(ま行)

健康医療用語集(や行)

健康医療用語集(ら行)

健康医療用語集(アルファベット)