ホタテの栄養、効能効果

  • 効能効果
    動脈硬化予防、高血圧予防、肝機能強化、味覚障害予防、眼精疲労緩和、美肌効果
帆立貝

ホタテ貝は、かなりの高タンパク食品で、独特のそのうまみはアミノ酸であるグルタミン酸をはじめ、コハク酸、イノシン酸などによるものです。

加えて、糖質や脂質の代謝を促すビタミンB1も多く、大変ヘルシーな食品といえます。

栄養面では、分や亜鉛などのミネラルを豊富に含むのも特徴の一つです。
亜鉛は味覚や臭覚の機能を正常に保ち、これが不足すると味覚障害を引き起こします。



もう一つ、ほたて貝で要注目なのはアミノ酸の一種、タウリンが大変多く含まれているという点です。
もともと魚介に多いタウリンのなかでも、ホタテ貝の含有量はトップクラスです。

解毒作用など、肝臓のさまざまな機能を強化してくれるタウリンは、ほかにも心臓の血管を丈夫にして、目の疲労回復に効果がある物質です。
ホタテは、疲れた体を内側から元気にしてくれる強い味方です。



ホタテの関連ページ