健康に良い免疫力を高める食べ物  クローブ

  • 薬効:解毒作用 口臭予防 食欲増進

体を温めて、消化機能を促進

クローブの名前は「釘」に由来し、可愛らしい姿と甘く濃厚な香りが特徴的なスパイスです。
胃腸を整え、食欲増進効果も期待できます。

クローブは、熱帯多雨地域が原産の常緑樹です。
完全に成長するには20年かかり、その後は50年にわたって実り続けます。
収穫は夏と冬の2回行い、開花直前の熟した蕾が最も適しています。

クローブは、2世紀ごろ中国からエジプトのアレクサンドリアへ伝わり、ヨーロッパへ広まりました。

クローブ

胃腸薬、口腔清涼剤などとして珍重され、その後クローブの貿易をめぐった激しい争いが展開されました。
日本にも古くから伝わり、正倉院の御物の中に納められています。

薬膳の効能は、胃腸を温めることから消化の促進、お腹の張りによる不快感を改善し、食欲不振や吐き気・下痢の改善に有効です。



クローブの独特な香り

クローブはオイゲノールという成分を多く含み、抗菌消炎のほか鎮痛作用に優れています。
その他、局所麻酔としての効能もあり、歯科でも用いられています。
クローブが歯医者の香りとして知られているのはそのためです。

同時に頭痛を鎮める効果もあるため、虫歯の痛みを和らげるのにも良いでしょう。
また、口臭消しやうがい薬としても活用できます。

古代中国では皇帝に謁見の際、クローブを口に含んで口臭を消したと言われています。



クローブの利用法

シチューや角煮などの煮込み料理に加えると、脂のしつこさを解消し、さっぱりとした味わいの仕上がりになります。

食材に切り込みを入れてクローブを差し込んでおくと、調理後に取り除きやすく便利です。

クローブの健康効果倍増の食べ合わせ

オレンジ+クローブ(ジャム、焼き菓子)

肉料理はもちろんのこと、クローブはフルーツとの相性が抜群です。
オレンジと組み合わせてジャムやデザートにしたり、紅茶に添えたりして風味を豊かにします。

体を温める作用があるので、北欧など寒い地域では暮らしの中に上手に取り入れられています。

おすすめコンテンツ

クローブの関連ページ