健康に良いハーブ  アロエベラ

  • 薬効:皮膚のトラブル 便秘 胃腸病

アロエはサボテンと同じ砂漠のような熱帯地方で育ちます。
アロエは日本薬局方にも収載され、薬用効果があります。

アロエ

生のアロエをかむと独特の苦みがありますが、これはアロイン、アロエモモジンなどの成分が含まれているからです。
この苦みが胃壁を刺激して胃液の分泌を促進させます。

食後胃がもたれる、食欲がない、胃が重い、むかつくなどの症状のある人はアロエを飲んでみるのもよいでしょう。

アロエを切ったときにでるネバネバ成分にアロエウルシンという抗潰瘍性の成分が多く含まれています。
胃潰瘍はストレスや食生活の乱れなどで胃の粘膜がただれると胃液に含まれる消化酵素が自分のただれた胃壁を消化してしまうため出血したり、ひどいときは胃に穴があくこともあります。
アロエの粘液がただれた潰瘍部分を被って被膜をつくり、アロエウルシンが潰瘍を治します。

またアロエには血を凝固する作用があるので、出血も止めます。アロエを規則的に飲み続けると自律神経の働きが安定し、胃腸の働きが活発になり、血液循環もよくなるので身体の抵抗力が増し、風邪をひきにくくします。

アロエは外用にも使用され,アロエのネバネバ成分のムチン質が乾燥した肌に水分を補給し、アロエに含まれるアミノ酸や糖タンパクが肌に活性を与えます。

アロエは南アフリカ原産で,中国を経由して日本に渡来したと思われますが詳細は不明です。

アロエには多くの種類があり、日本薬局方の医薬品用アロエは「ケープアロエ」であり、「キダチアロエ」とも「アロエベラ」とも別種類で成分的にも多少異なります。

ケープアロエは市販薬の便秘薬として販売されています。



アロエベラの注目栄養成分

  • アロイン、アロエモモジン、アロエウルシン

アロエベラの効果効能

  1. 慢性の胃炎や便秘のような消化管系の症状に効果がある。
    アロエの量の多少によって緩下作用(便の通じをよくする作用)と止痢作用(下痢を抑える作用)の両作用があります。
  2. 荒れた皮膚にうるおいを与える。
  3. ケープアロエの薬の適応症は便秘と便秘に伴う症状の緩和、頭重、のぼせ、肌あれ、吹き出物、食欲不振など。


アロエベラの活用法

1日量は大人で15g(生の葉で幅3cm長さ4cm位)、子供は大人の半分で、1日3回に分けて飲みます。

アロエの有効成分は熱に安定なので煎じて飲むこともできます。
はじめての人は1日量の1/3位から始めると良いでしょう。
身体の調子をみながら少しずつ増やしますが、下痢をするようでしたら分量を減らして下さい。
 
大腸刺激性下剤としては、細かく切ったアロエを1回1g程を水で飲みます。

アロエベラの注意点

  1. アロエは身体を冷やしますので身体が冷えて衰弱している時は避けましょう。
  2. 月経生理中や妊娠中は使用を避けましょう。

アロエベラの関連ページ