アサリの栄養、効能効果

  • 効能効果
    動脈硬化予防、眼精疲労緩和、肝機能強化、高血圧予防、貧血予防、食欲増進

魚のカレイ、ヒラメ並みに低い脂肪分と高いタンパク価が魅力なのがアサリです。

あさりの酒蒸し

ほかにもビタミンB2や鉄分、マグネシウムなどビタミン、ミネラル類を多く、なかでもビタミンB12は貝類で最高の含有量です。

体内で合成できないビタミンB12は、同じくビタミンの葉酸とともに赤血球の生成をサポートしてくれる、人にとっては必要不可欠な成分です。

豊富な鉄分ともども、貧血予防にアサリを食べるようにすると良いでしょう。



もう一つ注目すべきは、動脈硬化予防に有効とされ、近年注目を集めるタウリンという成分が多く含まれている点です。

アミノ酸の一種であるタウリンは、血液中の余分なコレステロールを抑え、肝機能の働きを高める効果があります。

市販のサプリメントや栄養ドリンクにも、これを成分とするものが多くありますが、もともとは魚介類に豊富な栄養素であるので、日々の食事から取れるように工夫すると良いでしょう。



おすすめコンテンツ

アサリの関連ページ