まいたけの栄養、効能効果

まいたけはサルノコシカケ科に属し、主に東北地方以北の山に自生するキノコです。
名前の由来は幾つかありますが、まいたけを見つけた人が嬉しさのあまり舞い踊ることから「舞茸」と名付けられたという面白い説が知られています。

近年の研究で、まいたけには強い抗がん作用があることがわかっています。
まいたけには、カリウム、亜鉛、ビタミンDナイアシン食物繊維多糖類など多種にわたる栄養成分が含まれています。
なかでも、特筆すべき栄養成分が多糖類であるβ-グルカンです。

β-グルカンは、しいたけ、えのきだけ、しめじ、アガリクスなど様々なキノコに含まれており、しいたけのβ-グルカン(レンチナン)はすでに抗がん剤として出回っています。

しかし、まいたけのβ-グルカン(D-フラクション)は、これらとは化学構造が全く異なるもので、それ以上の強力な効果があることがわかっています。

がんに有効なまいたけ特有の多糖体、β-グルカンにまいたけのMをつけて、MD-フラクションと呼ばれています。

舞茸

まいたけは、免疫機能を調整・強化したり、腫瘍の増殖を防止する働きに優れています。
この働きをするのがMD-フラクションで、このような効能がガンの免疫療法に活用されています。

また、抗がん剤の治療の際に、まいたけを併用すると、制がん効果が高まるばかりだけでなく、その副作用を抑制してくれることが明らかになっています。

まいたけは、ガンばかりでなく、糖尿病や高コレステロール、高脂血症などの生活習慣病ダイエットにも効果を発揮します。

まいたけを食べ、免疫力を高めることによって、風邪をひきにくくしたり、治りを早めます。
また、まいたけに含まれる別の多糖体は花粉症にも効果を発揮します。

MD-フラクションは、加熱してもその効能効果に変わりはありません。
また、水溶性のため、薬効を残さず摂るには、汁ごと取れる鍋物、みそ汁、炊き込みご飯などにして食べるのが一番効果的です。
煮物・炒め物にした際は、その煮汁・炒め汁も一緒に食べるようにしたほうが良いでしょう。

また、ただゆでただけのゆで汁を飲む方法でも良いでしょう。
ゆで汁にするまいたけの量は、1日あたり生なら30g、乾燥品なら3gを目安にすると良いでしょう。
免疫を高めるには、これを1日おきに飲むようにしましょう。



おすすめコンテンツ

まいたけの関連ページ