健康維持に役立つすいか糖

すいか糖でむくみ解消

すいか糖といっても知らない人が多いでしょうが、昔はたくさん市販されていました。

このすいか糖を1日3回、スプーン1~2杯ずつなめると、むくみが取れます。湯にといて飲んでも良いでしょう。

またすいか糖は単に利尿の効果があるだけでなく、含まれてるカリウムによって、体内の塩分を外に排泄する働きもありますので、高血圧で悩んでる方は、すいか糖を毎日食すると、血圧が安定してきます。

すいか糖だけでなく、皮を水で煎じて飲んでも、同様の効果が期待できます。

すいかは、のどの病気にも効果があります。
風邪でのどが痛いときや、たんが絡んで苦しいときなど、すいか糖をなめると、たんの切れがよくなり、熱を持っていたのども改善されます。


すいか糖の作り方

  1. よく熟したすいか2~3個を半分に割り、中身をへら等でくり抜く。
    (鉄の刃物を使うと味が落ちるので竹やプラスチック製のへらを使うとよい)
  2. くり抜いた中身を布袋に入れ、汁をよくしぼる。
  3. しぼり汁を鍋に入れ、中火で気長に煮る。赤いフワフワしたものが浮いてくるので、鍋にこびりつかないよう、時々しゃもじでこすり落とし、汁によくかき混ぜる。
  4. 5~6時間ほどかけて、汁が200cc程度になるまで煮続ける。
  5. 焦げ付かないようによくかき混ぜながら、汁がとろみを持ち、水あめ状になるまで、さらに煮つめる。
  6. どろどろになったら、火からおろす。
  7. よく冷まし、清潔な容器につめて保管する。
    これで180cc程度のすいか糖ができる。


すいか糖通販


 

すいか糖の関連ページ