免疫力を高めるきのこ 椎茸(しいたけ)

  • 薬効:血圧効果 肥満防止 不眠 肌荒れ 整腸 風邪

しいたけは、日本をはじめ、中国、韓国、フィリピン、台湾などに分布するきのこです。

日本では春と秋に、椎、くり、くぬぎなどの幹に自生しますが、現在流通していぬものはほとんど人工栽培によるものです。

生と干したものが、どちらも利用範囲が広く、栄養価も高いすぐれた食材です。

生しいたけは、てんぷら、椀だね、蒸し物、鍋物、炒め物などに利用します。
バター焼きや、さっとあぶってポン酢で食べるのも良いでしょう。

シイタケ

干ししいたけは、生しいたけ以上に貴重な食品で、ぜひ家庭に常備しておきたいものです。
調味料としてだしをとるほか、煮物、すしの具など、様々な利用価値の高い食材です。

味の面から見ても栄養の面から見ても、干ししいたけのほうが、生のものよりずっと上回っています。

これは天日に干すことによって、ビタミンDの含有率が、生のときの10倍にも増えるからです。
また、乾燥過程で、香りやうまみの成分(グアニル酸)が作られるため、生にはない味わいがかもしだされるのです。

ただし、近年の製品は、天日でなく電気乾燥もためビタミンDが作られていません。
買い求めた干ししいたけを、一度天日に干してから食べるようにすれば、ビタミンDが増えるのでお勧めします。

ビタミンDは、歯や骨を丈夫にするだけでなく、脳神経の発育にも欠かせない物質です。
成長期のお子さんには、毎日しいたけを食べさせてあげたいものです。

ビタミンDが不足すると、神経がイライラしたり、やる気がなくなったりしがちです。
その点、しいたけを常食していれば、神経を鎮静させることができ、精神が安定します。

その他、しいたけには、ビタミンB1,B2、C、アラニン、ロイシン、各種ミネラルが含まれています。

また、特殊成分としてレンチナンというキノコ特有の成分に抗がん作用があることが確認されています。



しいたけの旬は春と秋です。美味しい生しいたけは、肉厚で、かさの表面につやがあること、裏が白く、膜の張っているのが条件です。
干したものも肉厚で、表面の色が薄茶色のものが良品です。

保存は、生のものはビニール袋に入れて冷蔵庫へ。干したものは密閉容器に入れ、しけらないように乾燥剤を入れておくと良いでしょう。

しいたけには、フィトステリンというコレステロールの沈着を防ぐ成分が含まれています。
また、ビタミンB12エリタデニンといった、血圧を下げる働きをする成分が含まれています。
かさの部分に多いエリタデニンは、肝臓のコレステロール代謝を促進させるので、血液中のコレステロールが増えすぎるのを抑制します。
干ししいたけ9g(大2個)を1週間食べ続けると、コレステロール値が約10%下がったという実験結果が報告されています。

したがって、生活習慣病を防ぎ、老化を防ぐのに適したすばらしい食品といって良いでしょう。

また、低カロリー食品ですから、ダイエットや肥満防止にもうってつけです。
ビタミンDが体の代謝を盛んにして毒素を除き、体をスリムに引き締めてくれます。

もし毎日、食卓にのせることが難しいようなら、ふりかけを作り置きしておいて、ご飯にかけて食べるようにすると良いでしょう。

なおしいたけは、昔から風邪の妙薬としても知られていました。
咳や痰が出て、熱があるときには、しいたけと氷砂糖を煎じたものを飲むと、熱が下がり、咳も楽になります。

不眠や神経過敏などで悩んでいるいる人は、寝る前にしいたけ酒を作って飲むことをお勧めします。
サッとあぶった生しいたけを1枚を、お燗したお酒に浮かべて飲みます。
お酒の飲めない人は、刻んだ干ししいたけに熱湯を注いで、お茶がわりに飲むと良いでしょう。

また、しいたけは美容にもすぐれた効果を発揮します。常食していれば皮膚の抵抗力を増し、肌荒れを防止します。
繊維質とビタミンB1が整腸を促し、便通を良くするので、吹き出ものを予防し、肌を美しくします。



干ししいたけのふりかけの作り方

  1. 干ししいたけ中5~6枚は、水で戻さず、そのままで粗く刻む。
  2. 鍋に粗く刻んだしいたけを入れ、弱火で軽くいる。
  3. 紙に広げてさまし、ミキサーで粉末にする。なければすり鉢で砕く。塩少々と、好みで白ごま、もみのりなどを混ぜてもよい。

しいたけと干し柿のスープの作り方

  1. 中ぐらいの大きさのしいたけ2枚の石づきをとり、できるだけ細かく刻む。
  2. 干し柿1/2個も同様に細かく切る。
  3. しいたけ、干し柿を茶碗に入れ、熱湯を注いでよくかき混ぜ、少しおく。
  4. これを1日数回、そのつど作って服用する。

シイタケの関連ページ